【Alta Paformance】のネライ: スポンサー広告:My life: Borgona ・・・Velvet Futsal Club Blog

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  My life  >  【Alta Paformance】のネライ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

【Alta Paformance】のネライ

2010年01月12日

Velvet 2010年度のテーマは


Alta Paformance

です。

もう読み方はわかっていますよね?
早く覚えてくださいね・・・(^_^;)

前回の分を読んでないかたは
前回をクリックして下さいね

さて、何故今年はAlta Paformanceなのか?ということです。


これは県リーグの第3節、選手権山形県大会の予選そして東北大会がきっかけです。

この3つに共通しているのはなにか?
この3つに潜んでいる問題はなにか?
この3つから得られた教訓はなにか?

そう言った事を考えてみました。

それはいずれもBestのVelvetで”一応”戦ったということです。


Bestなのに何が悪いのか?というと、その時のBestで果たして勝てるのか?
ということです。

”Best”という言葉はかなり曖昧なのです。
その日、その時で考えられる最も良いパフォーマンスであれば良いわけです。
裏を返せば・・・

その日集まったメンバーで良いパフォーマンスを出せば良いわけです。
前日、遅くまで遊んで、ちょっと体力落ち気味のメンバーがそれなりに頑張れば良いわけです。
コートに出たメンバーがそれなりに頑張ればそれで良いわけです。
(これは極端な例えですよ。メンバーはちゃんと戦っているということはわかっています)

でも・・・
果たして結果はついてくるのでしょうか?
勝てば結果オーライですが、負けた時にとにかく頑張ったんだから仕方がないという考えが”Best”だと思うのです。

それで満足できるのか?
我がVelvetはいかなる理由があっても負けは負けです。
常に勝ちを目指すチームですよね?
昨年きちっと結果を出したメンバーにとって満足できるものではないでしょう。

今年は昨年以上に厳しい戦いが待っています。
常にマークされ追われる存在です。
県リーグは昨年以上にレベルの高くなります。
また東北というまだ差が歴然としているステージでも戦わなければなりません。
それでも勝ちを意識する。

その為にAlta Paformanceという考え方が重要です。

理想近いのは県大会決勝Tの時の戦い方です。

粘り強く戦い勝ち切ったあの戦い方を思い出して下さい。
あの時点で過去最強のVelvetだったのではないですか?

その時はBestではなく、Alta状態だった訳です。
これをコンスタントに出すということが今年のテーマになります。

常にAlta Paformance

今年のVelvetのテーマです。

ところで、Alta Paformanceを意識するということは非常にガチガチのストイックな考え方になってしまうと思います。でもそれはちょっと違うのです。その辺の事について次回説明しましょう。

Velvet-Alta化PJ リーダー じ~こ
関連記事
スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

VelvetFutsalClub

velvet-1

CLUBPROFILE

■クラブ名
 VelvetFutsalClub
 (べルベット)
■創立
 2005年3月
■ホームタウン
 山形県川西町
■メンバー数
 12名
■カテゴリー
 オープン
■所属リーグ
 山形県フットサルリーグ
■主な練習場
 川西町立第二中学校体育館
■練習日時
 毎週水、金、土
 20:00~22:00
■代表者
 長谷川 康治(じ~こ)

NEXT GAME

10/7(日)
山形県リーグ第7節
vs 裏犬

クラブ掲示板

2011_member.png 連絡先
velvet.front○gmail.com
○を@に変えてメール送付して下さい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

更新実績

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。