見えない距離: スポンサー広告:My life: Borgona ・・・Velvet Futsal Club Blog

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  My life  >  見えない距離

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

見えない距離

2009年09月23日

9/23朝食
今日の朝食 コンビニサンドイッチ、コンビニツインサラダ、牛乳
いつもはコンビニ前で食べているサンドイッチをちゃんとお皿に盛って食べてみました

台湾のサンドイッチに注目
4枚のパンがひとつにつながっているのわかります?

これだと、一気に食べられるから食べ歩きが楽(^^♪
よく考えられてますねぇ

台湾は結構合理的に考えられているところがたくさんあって、なるほどと感心させられることが結構あります。日本の緻密さからすると考えられないことが多いですね

さて・・・

今日は、会社で台湾の人9人対日本人の私1人でミーティングしました
完全に9対1・・・
今まで疑問に思っていたことを解消したい為に開いたミーティングです
別にバトルやるわけではないですが、外人1人の私はいわゆる弱者みたいなもんでした

内容は伏せとくとして、しかし文化の違いというかお国柄というか日本の考えが通用しないシーンが度々出てきて、それを理解しながら相手に納得するための説明をしたので2時間30分超かかりました

疲れましたよ・・・

文化の違いと思わせたのが、日本でいう曖昧さを嫌う事
YesかNoかと決め”させる”んですね

そして、”させる”に注目してください
んじゃお前ら決めろよというと決めない、決めようとしない

曖昧さを嫌う半面、自分では責任持ちたくないので決めないんです
なんじゃそら・・・

それから、「それって不満だと思っているんだよね?」
と聞くと

「不満はありません」

となる・・・

そのミーティングで言ってる事は日本でいうと不満というものなのに、不満じゃないと言う
そして、ちらっと口に出たのが”本音を言うのは大冒険だ”と・・・

つまり、彼らは本音をいうことでそれが文句と捉えられ、自分にとって不利になるという訳なんです

う~ん・・・
別に不満を言っても言いわけですよ
不満を聞いて、問題を把握して解決しようと思っているのに
不満は改善のネタだというのに
彼らはそれを積極的に言うのは危険だと思っている

ちなみにですね、今回のミーティングのテーマは去年の夏からおかしいと感じていたことなんですって
それは1年間ずっと心の中で引っかかっていたということなんですね?!

びっくりしましたよ・・・
ちょっとショックでもあったかな
彼らがそういうことを思っていた事を今まで知らなかったことを

最後はお互い笑顔で終わりました
帰るときに、いつもは黙って帰る人が笑顔であいさつしていきました

ちょっと嬉しいと思いましたが
果たしてよかったのか・・・

お互いの距離が縮まった事を信じるのみです
でも、その距離は全く見えないのです
関連記事
スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

VelvetFutsalClub

velvet-1

CLUBPROFILE

■クラブ名
 VelvetFutsalClub
 (べルベット)
■創立
 2005年3月
■ホームタウン
 山形県川西町
■メンバー数
 12名
■カテゴリー
 オープン
■所属リーグ
 山形県フットサルリーグ
■主な練習場
 川西町立第二中学校体育館
■練習日時
 毎週水、金、土
 20:00~22:00
■代表者
 長谷川 康治(じ~こ)

NEXT GAME

10/7(日)
山形県リーグ第7節
vs 裏犬

クラブ掲示板

2011_member.png 連絡先
velvet.front○gmail.com
○を@に変えてメール送付して下さい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

更新実績

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。