オリンピックが教えてくれるもの: スポンサー広告:My life: Borgona ・・・Velvet Futsal Club Blog

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  My life  >  オリンピックが教えてくれるもの

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

オリンピックが教えてくれるもの

2008年08月20日

連日のオリンピック熱ですねぇ・・・

実は、TVでオリンピックを観てないです(^^ゞ

結果はもっぱら、インターネットか新聞か世間話で。
何時間とTVの前で座っているのが苦痛なタイプでして、よっぽど興味のあるものしかライブは観ません。

それでも、結果は気になりまして・・・その結果も記録というより、何故この選手が勝ったのかというのをとても気にしています。

今回のオリンピックを通して、これは北京に限った事じゃなく、いつも思うのですが、

「強い奴が勝つんじゃなくて、勝つ奴が強い」

ということ。

どんなに努力をしても、歯車がどっかで狂ったとか、
一生懸命走ったけど、足が動かなかったとか、
予知しない怪我で棄権したとか・・・

”頑張ったんだけど負けた”

というのは、負けるべくして負けた原因がやっぱりあるということ。

また理解できなかったのは、

終了間際に逆転されて、”自分の勝手な哲学を通したので悔いはない”

というもの。
これが、自分だけの問題だったら別にいいけど、オリンピックという国を代表する選手が、しかも日本代表になる過程では負けていったライバル達の思いを背負って戦うべきなのに、最後の最後で自分の中で整理してしまうのもどうかと思う。

結局、どこか心の中で隙があったんだと思う。

一方、勝った選手はやっぱり何から何まで強いと思う。

オリンピック前の大会で一度負けた選手が、愚直なまでに得意技のレベルをあげて、世界一を改めて証明した。自信を失いかけた彼女が立ち直るまでに精神的な面で相当な苦労があったに違いない。にもかかわらず、強い信念で結果を出した。

また、一本勝ちをこだわらず、有効でも勝ちは勝ちと勝負にこだわった選手。周囲の声に惑わされず、自分の柔道を貫き通したその選手は私の好きなタイプの一つだ。

そして、何と言っても帝王学を極めた感のある、2大会連続2冠を獲得した選手。
彼の大会に臨むまでのプロセスは非常に興味深いものがある。レースをしているだけでなく、アップの時点でも駆け引きをしている。まさに勝負に勝つための戦略をたてて結果を出している。何故勝てるのか、彼を追うことだけで非常に勉強になる。

一流選手の結果だけを見るのではなく、こうしたプロセスに目を向けるとフットサルにつながるものはいくらでもあると思う。そして、最も重要な事は感じた事を、現場に具現化する事。

そして、Velvetはこれからもますます強くなる・・・
関連記事
スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

VelvetFutsalClub

velvet-1

CLUBPROFILE

■クラブ名
 VelvetFutsalClub
 (べルベット)
■創立
 2005年3月
■ホームタウン
 山形県川西町
■メンバー数
 12名
■カテゴリー
 オープン
■所属リーグ
 山形県フットサルリーグ
■主な練習場
 川西町立第二中学校体育館
■練習日時
 毎週水、金、土
 20:00~22:00
■代表者
 長谷川 康治(じ~こ)

NEXT GAME

10/7(日)
山形県リーグ第7節
vs 裏犬

クラブ掲示板

2011_member.png 連絡先
velvet.front○gmail.com
○を@に変えてメール送付して下さい。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

更新実績

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。